まるで海辺の植物園

辰ノ島海浜植物群落


辰ノ島の海浜植物は種類も量も極めて多く、さながら海浜植物園の様相である。なかでもハイビャクシンは、低地や砂浜の大半を覆い隠すほどの群落がある。ハ イビャクシンはヒノキ科の常緑針葉の匍匐(ほふく)性低木。海岸の風の強い崖などに生える。分布の少ない大陸系の植物で貴重。国の天然記念物に指定されて いる。分布している植物は、木本類…クロマツ、ハイビャクシン、ハマビワ、ハマクサギ、マルバシャリンバイ、マサキ、ハマヒサカキ、ハマゴウ、ハマボウな ど。 草本類…イワダイゲキ(南方系)、イソヤマテンツキ、エゾオウバコ(北方系)、ハマオモト(壱岐北限)、ハマムギ(壱岐南限)など多数。

施設情報

住所 長崎県壱岐市勝本町東触2790-1
交通 勝本港から渡船で10分

観光スポット

グルメスポット

特産品

宿泊情報

体験型観光情報

有償ガイド情報

イベント情報

お得情報

モデルコース

教育旅行受入

topへ戻る

一般社団法人壱岐市観光連盟 長崎県壱岐市郷ノ浦町本村触683-2
TEL.0920-47-3700 FAX.0920-47-5302