神が舞い神が遊ぶ

壱岐神楽

【国指定重要無形民俗文化財】
壱岐神楽は古い伝統と歴史をもつ神事芸能で、他の地方の神楽組とか神楽師等の奏する神楽とは違って、神楽舞も音楽も、神職ばかりで奏される、きわめて神聖視され信仰されている貴重な文化財であり、昭和62年1月、国の重要無形民俗文化財の指定を受けた。 神楽の起源は南北朝の頃だといわれている。壱岐市芦辺町箱崎・八幡神社の社家に伝わる古文書の中に、永享七年十一月に神楽舞人数のことを記したものがあり、室町時代の初期にはすでに行われていたことを知ることができる。

施設情報

電話番号 0920-45-3002(住吉神社・壱岐神楽保存会)
住所 長崎県壱岐市芦辺町住吉東触470
交通 郷ノ浦港・芦辺港から車で15分
施設 駐車場・トイレ(住吉神社)

観光スポット

グルメスポット

特産品

宿泊情報

体験型観光情報

有償ガイド情報

イベント情報

お得情報

モデルコース

教育旅行受入

教育旅行体験情報

topへ戻る

一般社団法人壱岐市観光連盟 長崎県壱岐市郷ノ浦町本村触683-2
TEL.0920-47-3700 FAX.0920-47-5302