名工・茶屋本初蔵の作

祥雲寺の山門


石灯籠の上に鯱を戴く山門は寺院の山門としては実にユニークである。明治42年に建立。石工は地元の茶屋本初蔵、44歳の時の作である。初蔵はこの他にも住吉神社の石垣、水神社の石灯籠など優れた仕事を残している。

施設情報

住所 長崎県壱岐市郷ノ浦町牛方触904
交通 郷ノ浦港から車で10分
  • このスポットの
    facebookページを見る
  • このスポットに関する
    ツイートを見る
  • このスポットの
    TRIP ADVISORをみる
  • 大きい地図で見る

観光スポット

グルメスポット

特産品

宿泊情報

体験型観光情報

有償ガイド情報

イベント情報

お得情報

モデルコース

教育旅行受入

topへ戻る

一般社団法人壱岐市観光連盟 長崎県壱岐市郷ノ浦町本村触683-2
TEL.0920-47-3700 FAX.0920-47-5302