希少な壱岐牛を、ガツンッと豪快に平らげる!-1

希少な壱岐牛を、ガツンッと豪快に平らげる!

壱岐牛の美味しさの謎を知り、壱岐牛を味わう
年間900頭ほどしか出荷されない希少な壱岐牛は、和牛のオリンピック「全国和牛能力共進会」の「肉部門」で日本一を獲得した高品質な和牛としても知られています。潮風が吹く牧草地で育ち、海からのミネラル分を豊富に含んだ肉質はとても柔らかく、全国の食通の間でも絶大な支持を受けています。

年間900頭しか出荷されない「壱岐牛」とは

壱岐島の繁殖農家で生まれ、肥育農家で育てられ、島を一度も出ずに育てられた壱岐生まれ、壱岐育ちの「壱岐牛」。壱岐の和牛の歴史は古く、紀元2~3世紀初頭と推定される牛骨や牛歯が発見されています。鎌倉時代の文献には『筑紫牛(壱岐牛のこと)に優ぐるものなし』と記されており、当時から賞賛を受けていたことがわかります。子牛は各地のブランド和牛の素牛となるなど、品質を認められている上、現在は年間900頭しか出荷されないので、希少性の高い和牛としても有名です。

壱岐牛の美味しさの秘訣

ミネラル豊富、良質な脂をまとう壱岐牛
壱岐牛が、和牛のオリンピック「全国和牛能力共進会」で日本一の高品質な和牛に選ばれたのには理由があります。海に囲まれた壱岐島では、潮風によってミネラル豊富な牧草が育ちます。その牧草が海からのミネラル分を豊富に含み、肉質を柔らかくします。脂質は「融点が低い」「コクがある」「キレがある」という3つの特徴を持ち、一口食べると芳醇な香りが口の中に広がるのです。

壱岐牛を味わう

焼肉やステーキ、壱岐牛100%ハンバーガーなど壱岐牛を豪快に平らげる
壱岐牛の提供方法は様々で、焼肉やステーキのように肉をそのまま提供する店もあれば、ハンバーグの様に一度加工してから提供する店もあります。アクセスの起点となる港周辺はもちろん、山道や海沿いを運転していても「壱岐牛あります」などの看板を見かけます。調理法が変われば、食べたときの印象も違うはず。お気に入りの一店を自分の足で探してみましょう。

壱岐島育ちの和牛、壱岐牛を堪能

1000年以上前から、味に定評のあった壱岐牛。温暖な気候と壱岐の自然に恵まれた環境の中、ミネラル豊富な牧草を食べて名牛へと育ちます。出荷数が900頭と少ないため、県外でお目にかかる機会は滅多にありません。希少性の高い壱岐牛を、壱岐へ訪れた際に堪能してみてはいかがでしょうか。

このページを見ている人は、こんなページも見ています