事前確認で不安解消!壱岐島の基本データ-1

事前確認で不安解消!壱岐島の基本データ

九州からアクセスが良いといっても、離島の壱岐島。気候やアクセス、気になる島の基本情報などをまとめました。

温暖な気候!人気の夏休みシーズンをはずしての計画もおススメ!

対馬暖流の影響を受け比較的、夏は涼しく冬は暖かく、年間を通して温暖なイメージです。めったに雪もふりません。
平均気温の最高が8月の26.8度、最低が1月の5.9度(平成28年時点)、12月から2月にかけては強い北風が吹く日があります。
ベストシーズンは7~8月ですが週末は非常に混雑するため平日を狙うか、4~5月、10月~11月などの過ごしやすい季節にのんびりと訪れる観光客も増えています。

福岡、佐賀、長崎のどこからスタート?島までの交通手段を決めよう

福岡県の博多ふ頭からは高速船ジェットフォイルで最速1時間5分、フェリーで約2時間10分。佐賀県の唐津東港からはフェリーで約1時間40分。それぞれ出航する港や時刻により到着する壱岐の港も異なるので事前に要確認!飛行機は長崎空港からは約30分で到着、1日の運航本数は2往復。まずは、どこから壱岐島に行くかを決めよう!

博多ふ頭から壱岐島へは、2つの船が2つの港へ。

本数も多い博多ふ頭からはジェットフォイルという高速船とフェリーがあります。ジェットフォイルは持ち込み手荷物に制限(身の回り品であって2個までとし、その全ての3辺の和が約2m以下で、かつ30kg以下の物)がありますが、フェリーは車や二輪も乗船可能。また、時間によって郷ノ浦港または芦辺港と到着する港も異なるため、壱岐島での観光予定地や宿なども考慮しながら乗船する船を決めましょう。
船は乗船予定日の1か月前から予約が可能。空きがあれば当日30分前(車両がある場合は50分前)から手続き可能です。

Column

台風などで欠航することもあるの!?-1

台風などで欠航することもあるの!?

台風などで警報が発令されている場合など、まれに船が欠航となる場合もあります。天候が気になるときは公式サイトで運行状況をチェック!フェリーの代替利用や宿などのキャンセル料など、欠航となった場合はもちろん調整をしてくれるので直接交渉・相談をしてみよう!

船の運行状況はこちら

壱岐島は車で一周約120分。移動手段はレンタカーがおススメ!

壱岐島の観光スポットは点在しているため、レンタカーが便利。フェリーや宿までの送迎や乗り捨てなどのサービスもあります。免許がない場合はタクシー・観光タクシーの利用はもちろん、路線バスも島内を走るため時刻表と路線図をチェックして計画的に行程を組んでの観光も可能です。また、4月頃から11月中旬まで定期観光バスも運行しています。時間があればレンタルできる電動アシスト付き自転車やエコバイクなどで風を感じながらの散策も。島内はアップダウンが激しいことも頭に入れておきましょう。

その他の注意点!準備万端で壱岐島へ上陸しよう!

  • コンビニは数か所-1

    コンビニは数か所

    イオンやスーパーマーケット、ドラッグストアなどはありますが、24時間営業のコンビニエンスストアは数か所のみです。
  • 現金は多めに用意-1

    現金は多めに用意

    ATMの数も少なく、クレジットが使えない店も多くありますが、pay payなどキャッシュレス決済が使用できる店舗は急増中!
  • 営業時間は要確認-1

    営業時間は要確認

    飲食店など日により営業時間が異なったり臨時休業しているケースもあるので、事前予約か電話確認を。

Column

島のルールを守って楽しい観光を。-1

島のルールを守って楽しい観光を。

干潮の時間だけ渡ることのできる小島神社は、島全体が神域のため、石や小枝ひとつでも持ち出し厳禁!島に代々伝わる決まり事やルールは必ず守りましょう。

このページを見ている人は、こんなページも見ています