イルカを学ぶ!イルカとふれあう!壱岐イルカパーク&リゾート-1

イルカを学ぶ!イルカとふれあう!壱岐イルカパーク&リゾート

2019年4月にリニューアルオープンしたばかりの壱岐イルカパーク&リゾートは、通常の水族館とは一味違う、学びと体験が詰まっています。一日いても飽きない!イルカ好きならずとも楽しめる施設の魅力に迫ります!

「壱岐イルカパーク&リゾート」ってどんなところ?

壱岐島の北、勝本港のほど近くにある壱岐イルカパーク&リゾートは、天然の入り江を仕切って作られた海浜公園。2019年4月にリニューアルしたばかりの施設内には、パンケーキが人気のオシャレなカフェや、イルカや海の生物に関連する書籍が並ぶライブラリーなど、学びと癒しをテーマにした居心地の良い空間が広がります。
メインはもちろん、敷地内中央にある「ペン」。イルカたちが住む居住区域であり、さまざまなプログラムを通してイルカについて学べる場でもあります。

充実の体験プログラム

プログラムは無料で参加できるものと有料のものがあり、また年齢や身長によって体験できる内容が変わります。
無料で見学できる「プレイングタイム」や、イルカと間近で触れ合える「タッチタッチドルフィン」、イルカにごはんをあげられる「イルカにごはん」などは小さなお子様でも参加できる人気プログラム。その他、イルカと触れ合いながらトレーナー理論も学ぶ「トレーナー体験」や、夏期限定のイルカと一緒に泳ぐプログラムなども用意されています。
いずれも、ただ見たり触れたりするだけではなく、イルカの生態や海洋生物についても学べる点が特徴。学びの時間も、スライドショーや模型が用意され、クイズを交えながら楽しく学べます。

実際に体験してみた!プレイングタイム

はじめに誰でも無料で参加できる1日1回限定の「プレイングタイム」を見学。
「このプレイングタイムはイルカたちの遊びとトレーニングの一環のため、もし上手にできなくても、あたたかく見守って応援してあげてください。」とのトレーナーさんのコメントにうなずきながら聞き入る子どもたち。どんな遊びを披露してくれるのか、期待が高まります。
プレイングタイムがスタートすると、イルカたちは胸びれを振ってご挨拶!ハイジャンプにボールタッチと、遊びは徐々に難易度を増していきます。
10分程度のプログラムですが、イルカたちの愛らしい様子はもちろん、通常の水族館ではなかなか見られないようなトレーニングの様子も垣間見られます。

実際に体験してみた!ペンウォーク

イルカの住んでいるペンの上を歩きながら観察を行うペンウォーク。安全のためライフジャケットを着用し、トレーナーさんの案内でイルカに触れられるほどの距離まで近づいていきます。
イルカは人懐っこいため、ペンを歩いていると何もしなくてもすぐ側まで寄ってきてくれます!それぞれの特徴や日頃の様子などについてトレーナーさんから詳しくお話を聞きながら、イルカとのコミュニケーションを楽しみます。名前を呼ぶと声を出して返事をしたり、胸びれを振って挨拶してくれることも!大人も子どもも満足する癒しの時間です。

実際に体験してみた!タッチタッチドルフィン

お次は実際にイルカに触れることのできるタッチタッチドルフィンを体験。
まずはペンの突端まで下りてタッチの準備。期待に胸が高まります。スタートの合図で胸びれを出しながら泳いできてくれるはずが…おやおや!勘違いしてしまったのか、頭を出してご挨拶に…!こんなハプニングもご愛敬!気を取り直してもう一度トライします。2度目は上手にタッチができました!イルカの感触はと言うと、意外にもザラザラしているそうです。

※通常、タッチタッチドルフィンでは撮影ができません。特別な許可を得て撮影しています。

実際に体験してみた!イルカにごはん

本日のクライマックスはイルカに直接ごはんをあげられるプログラム。ごはんをあげる前に、施設内のスクールエリアでイルカの生態について学びます。イルカとクジラの違いや、イルカの祖先の話など、大人も思わず「へー!」と唸るような情報も。イルカへごはんをあげる際の注意点などもしっかり確認したら、さっそくペンへと向かいます。
本日のごはんはカタクチイワシ。「ごはんだよー」と声をかけながら近づくと、パクっと口を開けて待つイルカたち。そっと口の中へ魚を入れてあげます。すっかりごはんがなくなった後も、口を開けて近づいてくる様がなんとも愛しく感じます。

プログラム待ち時間のお楽しみも!

パーク内にはカフェやギャラリーも揃っているため、体験プログラムの待ち時間も退屈することがありません!
カフェはメディアで話題沸騰のパンケーキ専門店『VERY FANCY(ベリーファンシー)』が長崎初出店。ふわふわ生地は他では味わえない食感で、このパンケーキを目当てに訪れる人も多いのだとか。
ギャラリースペースにはイルカ関連の絵本や写真集などが所せましと並べられ、こだわりのハンドドリップコーヒーを片手に読書が楽しめます。
のびのびと遊べるアスレチック遊具スペースや、ハンモックは子供たちに大人気!施設のどこからでもペンが眺められるため、イルカを見ながら思い思いの時間を過ごすことができます。

まる一日いても飽きない!癒しとアクティブどちらも体感できる施設

行ってみて驚いたのは、本当にとても近くにイルカの存在を感じられること。物理的な距離だけでなく、トレーナーさんから直にイルカたちの普段の様子を聞いたり、実際に触れたりすることで、短い時間でもイルカと心を通い合わせた気分になれます。
また、人ぞれぞれ多様な楽しみ方・時間の過ごし方ができる点もとっても魅力的。パンケーキだけ食べに来ている人もいれば、まる一日滞在してたくさんのプログラムに参加する人もいる。小さな子どもでも参加できるプログラムが多い点は、ファミリーにはありがたく感じました。
さらに今回は体験できませんでしたが、敷地内のバーベキュースペースではデイキャンプも楽しめます。食材や設備はすべて施設が用意!手ぶらで利用できるのは旅行者にとって嬉しいポイントです。
イルカを見ながらのんびり過ごしても良し、たくさん遊んで学ぶのも良し。思い思いの時間を満喫できます。

このページを見ている人は、こんなページも見ています