長崎県民限定旅行商品「壱岐 しま旅体験プランfrom対馬」利用時参考 
2.パワースポット・御朱印めぐりコース

長崎県民限定旅行商品「壱岐 しま旅体験プランfrom対馬」利用時参考 2.パワースポット・御朱印めぐりコース-1

現在発売中の長崎県民限定旅行商品「壱岐 しま旅体験プランfrom対馬」を利用し、特典のクーポンを使って、めいいっぱい壱岐を満喫するモデルコースをご紹介します!

  • 所要時間:1泊2日
  • 主な交通手段:レンタカー

START

【1日目】芦辺港観光案内所

レンタカーの借受も芦辺港で
【1日目】芦辺港観光案内所-1

・観光案内
・パンフレット設置
・壱岐ちゃり(電動アシスト付自転車)の貸し出し
・手荷物預かり(500円/1個)
・しまとく通貨・各種クーポン引換
・体験支払い
・壱岐市オリジナル御朱印帳・グッズの販売
・車いすレンタル

*芦辺港観光案内所は、ジェットフォイル乗降ターミナルではなく、フェリーターミナルにございますのでご注意ください。

車で3~10分

【1日目】ランチ

芦辺港周辺の美味しいランチを探訪!

美味しい壱岐牛が食べられるお店やボリューム満点の海鮮丼など、お好みのランチを召し上がれ。美味しい壱岐牛が食べられるお店やボリューム満点の海鮮丼など、お好みのランチを召し上がれ。

車で20分

【1日目】男嶽神社

御神体の岩が驚異のパワースポットとして注目!
【1日目】男嶽神社-1
路番号:風の路(8)
鎮座置:壱岐市芦辺町箱崎本村触1678-1
御祭神:猿田彦大伸
例祭日:
旧8月17日 宵祭 大神楽
旧8月18日 例祭 神幸・大神楽

男嶽神社は、明治時代までは山全体が御神体とされ、一般の方の入山が制限された神聖な場所。神話の中では、壱岐島が生れたときの最初の神様である「天比登都柱」(アメノヒトツバシラ)や「月読命」(ツクヨミノミコト)の降臨の地であるとされています。導きの神様とされる「猿田彦命(サルタヒコノミコト)」が祀られており、敷地内には御祭神にちなんだ200体を超える石猿がずらりと並んで奉納されています。
拝殿裏にある御神体の岩はコンパスの針が正常に動かないという不思議な磁力が確認できる注目のパワースポット。
近くには対になる女嶽神社があり、両方を参拝すると良縁に恵まれると言われているので訪れてみてはいかが?
境内におみやカフェも併設されています。

★男嶽神社の社務所で御朱印を頂けます。宮司さんは箱崎八幡神社を兼務されています。御朱印を頂く際には事前にお電話で予約し男嶽神社でお受け取り下さい。
※宮司さんのご都合によりお受けできない場合がございます。

車で10分

【1日目】女嶽神社

良縁に恵まれると注目のパワースポット
【1日目】女嶽神社-1
女嶽神社は、男嶽神社のある男岳山から、ダムを隔てて向かい側にある女岳山にあります。御祭神は天岩戸の神話で洞窟に隠れてしまった天照大神(アマテラスオオミカミ)を大胆な舞で誘い出した女神・天鈿女命(アメノウズメノミコト)。天鈿女命はのちに男嶽神社の御祭神である猿田彦命と結婚し夫婦神になることから、男嶽神社と女嶽神社を合わせて巡ると良縁に恵まれるといわれています。社殿から少し離れた場所には御神体の「巣食石(スクイイシ)」があり、こちらも男嶽神社の御神体と同様、コンパスの針を狂わすパワースポットとして注目を集めています。

車で10分

【1日目】龍蛇神神社

【1日目】龍蛇神神社-1

芦辺港の北部に位置する竜神崎と呼ばれる場所にある神社。
1895年(明治28年)に出雲神社より龍蛇神を迎えて祀られたと言われています。
海を見下ろす絶景に立っており、パワースポットとしても注目されています。
龍神崎横にある龍蛇浜には、ウロコ状の薄い石が重なり不思議な光景が広がります。

近くにある壱岐神社で、龍蛇神社の御朱印もいただくことができます。
御朱印をいただく場合は、電話での予約をお勧めいたします。

また壱岐神社には予め書いてある御朱印を置いています。お参りをした後に、300円をお納めいただき、お持ち帰りください。

車で15分

【1日目】小島神社

壱岐のモンサンミッシエルと称される人気スポット
【1日目】小島神社-1

普段は海に浮かぶ島にある小島神社。干潮時の前後、数時間だけ海から参道が現れて歩いて参拝することができます。太陽と月の引力によって神様に会える神秘のパワースポットで、「壱岐のモンサンミッシェル」と呼ばれることも。
自然が創り出す神秘的な砂浜の参道写真が撮影できる場所としてたくさんの観光客が訪れています。この島全体が神域とされいるため、小枝1本も島の外に持ち出してはならないという慣習があります。自然に守られて現代に残る神域を訪ねてみませんか?

御朱印をいただく際には必ず事前に電話で予約をおすすめします。
※宮司さんのご都合によりお受けできない場合がございます。

2015年には神社がある内海湾(うちめわん)が『国境の島 壱岐・対馬・五島~古代からの架け橋~』の構成要素として日本遺産に認定されています。→詳しくはこちら

車で15分

【1日目】月讀神社

月讀命を祀る 神秘的なパワーが宿る神社
【1日目】月讀神社-1
巨木が鬱蒼と茂る森の中に静かに鎮座する「月讀神社」。趣のある鳥居をくぐり急な石段を登ると神秘的なパワーが感じられる社が現れます。御祭神は月讀命(つくよみのみこと)。伊邪那岐命(いざなぎのみこと)と伊邪那美命(いざなみのみこと)によって、天照大御神の次に産まれたとされる神です。暦・潮の干満など月にまつわる全ての行い、安全や航海安全などの願いごとを聞き入れてくださると言われています。
日本書紀には京都の松尾大社内にある月讀神社は壱岐の県主(あがたぬし)の先祖である忍見宿祢(おしみのすくね)が分霊したものと記されていて、全国に点在する月讀神社の総本社とされています。毎年旧暦の9月23日に催される例大祭では壱岐神楽が奉納されます。

★月讀神社は10時から17時までは基本的にお守りや御朱印を社務所で頂くことができます。宮司さんは國片主神社、覩上神社、熊野神社も兼務されています。
※宮司さんのご都合によりお受けできない場合がございます。

車で20分

【1日目】猿岩

高さ45mの巨大な猿?自然が造った芸術作品
【1日目】猿岩-1
黒崎半島の先端にある壱岐のシンボル猿岩。自然によって造られた奇岩は「そっぽを向いたサル」にそっくり!神話の舞台にもなっていて壱岐島が流れてしまわれないよう神様が建てた「八本柱」の一つと言われています。
高さ45mの巨大な猿のユニークな形はもちろん、岩越に見える美しい夕陽の絶景も注目。インスタ映えする写真が撮影できると観光客に大人気です。また、猿岩を海から見ることができるクルーズもあります。陸と海、両方の景観を楽しむのもおすすめです。また島の西側にあるので夕陽スポットとしてもおすすめ!
近くにはお土産店「お猿のかご屋」があり、Tシャツ、オリジナル商品、海産物などの特産品、お土産を買うことができます。

車で30分

【1日目】宿泊

長崎県民限定 対馬発着「壱岐 しま旅体験プラン」は、民宿からホテルまで26軒のお宿から選べます!
★AAクラスからDクラスまで設定(AAクラス=Aクラスのグレードアッププラン)
各エリアにホテルや旅館、民宿などいろいろなタイプの宿があります。勝本町湯本エリアには温泉も。

【2日目】勝本朝市

おばちゃんたちとの会話も楽しみの一つ。
【2日目】勝本朝市-1

島の北部に位置する勝本浦は、イカ釣り船がひしめき昔ながらのまち並みが今も残っています。勝本朝市は、江戸時代のくじら組が始まった頃にはじまり、海産物と農産物を物々交換し合ったことが起源とされています。
朝7時頃から、11時頃まで商店街の路面やアーケードで干物や海産加工品、野菜・果物などが売られています。

※朝市は悪天候の場合は出店されていないこともあります。

車で10分

【2日目】壱岐イルカパーク&リゾート

かわいいイルカに触れ合える!癒しの時間に大満足
【2日目】壱岐イルカパーク&リゾート-1
壱岐島北部にある天然の入り江を仕切ってできた海浜公園「壱岐イルカパーク&リゾート」。2019年4月にはリニューアルオープンし、たくさんの観光客で賑わっています。「イルカに間近でタッチできる!」「イルカにゴハンをあげられる!」「イルカのトレーニング体験ができる!」などの多彩な体験プログラムが用意され、ファミリー旅行や女子旅に人気のスポットとなっています。島の豊かな自然を活かしたデイキャンプ、バーベキュー、SUP(スタンドアップパドル)体験なども楽しめます。敷地内にはカフェを新たに併設し、ふわとろのパンケーキや「壱岐牛」などの地元食材を使ったフードメニューを提供。イルカを眺めながら美味しいブレイクタイムが楽しめます。

【2日目】芦辺港

お気をつけてお帰りください
【2日目】芦辺港-1
買い忘れたお土産も港のお土産店で購入できます。厳原港までの船旅を最後までお楽しみください。

GOAL

Google Mapの読み込みが1日の上限を超えた場合、正しく表示されない場合がございますので、ご了承ください

このページを見ている人は、こんなページも見ています