のんびりと車窓を眺めながら、1日乗り放題券を持って「ローカル路線バス」旅!!-1

のんびりと車窓を眺めながら、1日乗り放題券を持って「ローカル路線バス」旅!!

島内のローカルな道、大きな窓からの景色などバス旅でしか味わえない醍醐味があります。緑豊かな田舎道、野菜畑、小さな商店など島民のリアルな生活を垣間見ることが出来ます。
また運転の必要がないので、ランチにちょっと1杯ビールや、酒蔵で焼酎の試飲するものもOK!

壱岐交通では一日乗り放題券大人1000円、中学生以下500円で発売しています。
中学生以下は、目的地1カ所までの往復バス代と考えるだけでも、フリーパスがお得です。(市民限定)

一日で壱岐の見所をギュギュっと詰め込んだ下記コースを参考に、島のバス旅を楽しんでみませんか?

まだまだ知らなかった 壱岐の魅力を発見すること間違いなしです!

本社営業所から出発!

今回は壱岐交通バス本社営業所まで自家用車で行って、駐車し、営業所から乗車しました。
壱岐焼酎、松永安左エ門、海水浴場などの壱岐を象徴するもののラッピングバスが停まっていて、見ているだけでも楽しい気分に!
運転手さんの都合にもよりますが、乗り物好きのお子さまには運転席へ座らせてもらえることもあるそうです。

郷ノ浦から勝本への車窓

9:55 本社営業所出発
乗車する際に運転手さんに「一日乗り放題乗車券を下さい。」と伝えると、乗車券に手書きで日付を入れて渡してくれます。
新道バスターミナル、八畑など郷ノ浦の街並みを通過。柳田から左に曲がって、御津の辻から半城湾を眺めると窓が大きくて、外がよく見え気持ちが良いです。
「綱引場」、「祈祷所」などのローカルなバス停名が面白い!!
そうこうしているうちに大小の島々が点在する湯本湾が車窓にうつり、「わー、きれい!!」と思わず声に出していってしまうほどの景色にウットリ。そしてカシャカシャと撮影!
車窓を楽しんでいるとあっという間に、約30分ほどで湯本のバス停に到着です。

 

湯本で温泉街をぶらり 旅気分を満喫!

まずはバス停からすぐに目に入る朱い鳥居が連なる湯本稲荷神社へ。河童の証文石を見学、リアルな河童の像に驚きます。
さらに階段を上ると湯ノ山公園へと繋がっており、そこからの景色は湯本湾のパノラマビュー、絶景が見られるおすすめSPOT!面白そうな遊具もあります。

町の方へ降りていくと、風情ある建物の並ぶ温泉街。その一角にある老舗の酒屋「白川重屋」へふらっと立ち寄り。
7蔵の壱岐焼酎を取り扱う酒屋で、壱岐焼酎を知り尽くした店主が営むお店。
店内に多種の焼酎が揃っていることはもちろん、各蔵の樽やエプロンなどが飾っています。もともと酒蔵を営んでいた店内には当時の貴重な写真もあり、「麦焼酎発祥の地」であることを感じさせてくれます。試飲も可能で、バス移動なので遠慮なくいただけます。お好みを店主に伝え、7蔵の中からおすすめの焼酎を選んでもらってみてはいかがでしょうか。

続いてお昼ごはんは、「壱岐島荘」。景色を見渡せる展望レストランで、宿泊客だけでなく、一般の方もランチ利用が可能です。
温泉好きな方はランチの前後の日帰り風呂というプランもありですね。
 

勝本街歩き

続いて12:29、湯本温泉発のバスに乗車、12:49に勝本到着です。
勝本にはニューオープンのお店があり、島内でも注目のホットスポット!!

大幸物産改め、海神(わたつみ)はお土産屋さん兼レストランです。
うにをはじめとする海鮮料理が人気で、白い壁に黒い柱、縦に長~いお店です。
店内には勝本町の歴史に関する写真や文献などが壁に提示されています。

最後は「下條くだもの店」で季節限定のジャムをお土産にGET!!

勝本の歴史について知りたい方は、「勝本歴史まち歩き体験」がおすすめです。
町の随所に残る史跡の見どころや魅力を、地元ガイドが約90分のコースでご案内します。

天気が良かったら、「辰の島遊覧船」に乗ってみてはいかがでしょうか?
壱岐島最北端「勝本港」の沖に浮かぶ無人島「辰ノ島」。エメラルドに輝く海、白い砂浜、断崖絶壁、玄界灘の荒波が造り出した岩穴……。
まるでロールプレイングゲームの舞台が現実の世界に現れたかのような美しい無人島です。上陸して、プチ冒険気分を楽しむことも出来ます。

 

最後の目的バス停は「壱岐神社」

勝本を13:38に出発し、「壱岐神社」へ
少弐公園を通って、じわじわ人気が高まるパワースポットの龍蛇神社へ。
絶景の海をバックに建つ朱い鳥居がとっても美しい!!
公園内の展望所では、広がる地平線や芦辺港、清石浜の景色を見渡せます。
壱岐神社は、白く大きな鳥居、1281年(弘安4)の弘安の役で戦死した少貳資時を祀った神社で、龍蛇神社のお札や御朱印なども境内にあります。

またそこから歩いていける場所に「美濃の谷」、通称みのんたんさん。
彼岸の入りから戻りにかけて壱岐国巡礼33か所を巡礼者が参拝してまわるという風習があり、その最後の札所です。
こちらにある涙川は、小さな井戸で祖霊、身内の霊が井戸水に映って対面することが出来るという言い伝えがあります。

街中にも貴船神社などの見どころがあります。最後に壱岐随一のショッピングセンターのイオンでお買い物をして、帰りのバスの時間まで時間を調整。

16:05分発、イオン前から出発し郷ノ浦へ戻ります。

 

まとめ

湯本で温泉街を満喫し、勝本では話題の新店舗を先取り、芦辺で人気の龍蛇神神社でパワーチャージ!
一日で壱岐の見所をギュギュっと詰め込んだコースで、大満足です。

今回実際に乗った時間帯にマーカーを引いた時刻表を載せています。
体験メニューや他に行きたい場所があれば、時刻表を見ながら調整の上、ご利用ください。

時刻表に関するお問い合わせは壱岐交通までお願いいたします。
大人1000円、中学生以下500円のお得なフリーパス乗車券、是非ご利用ください!!


 

このページを見ている人は、こんなページも見ています