文永の役新城古戦場 ぶんえいのえきしんじょうこせんじょう

最後の激戦地

1274年(文永11年)におきた文永の役で、元軍は勝本町北西部の浦海(うろみ)と天ヶ原の両海岸に上陸し、壱岐の守護代だった平景隆の居住がある新庄(真城)に攻め込みました。このあたりは最後の激戦地であったとみられ、その一画に千人塚があります。千人塚の中央に元寇殉国忠魂塔が建ち、左脇には観音像、右脇に本来の千人塚の標石である自然石が2基あります。


エリア
勝本港周辺
カテゴリー
歴史・文化
旅のテーマ
歴史・神話の世界に触れる

基本情報

住所 〒811-5522 長崎県壱岐市勝本町新城東触1187-1
アクセス 芦辺港から車で10分

MAP

このスポットから近い「壱岐牛が食べられるお店」

このスポットから近い「ウニ・海鮮が食べられるお店」

このスポットから近い「神社」

このページを見ている人は、こんなページも見ています