勝本城跡 かつもとじょうあと

豊臣秀吉の朝鮮出兵の際に造られた城跡。

勝本港や対馬を望む絶景の丘に、1591年、豊臣秀吉が朝鮮出兵に際し勝本城を工期4ヶ月で完成させたと言われています。現在、城跡の一部が公園になっており、僅かに残った大手門の石垣が往時を偲ばせます。展望台からは勝本港や遠く対馬が見えます。公園の近隣には松尾芭蕉の高弟で壱岐で客死した河合曽良の墓もあります。地元ガイドとまわるプランがおすすめです。


エリア
勝本港周辺
カテゴリー
自然・景観 歴史・文化
旅のテーマ
歴史・神話の世界に触れる

基本情報

住所 〒811-5531 長崎県壱岐市勝本町坂本触757
アクセス 郷ノ浦港から車で25分
関連リンク Tripadvisor
勝本歴史まち歩き【体験】

MAP

このスポットから近い「壱岐牛が食べられるお店」

このスポットから近い「ウニ・海鮮が食べられるお店」

このスポットから近い「神社」

このページを見ている人は、こんなページも見ています